お知らせ
作品について
物 語
チケット情報
出演者
スタッフ
動 画
コラム
特別企画

シス・カンパニー公演「近松心中物語」

スタッフ

作:秋元松代

1911年、神奈川県横浜市生まれ。1946年に劇作家・三好十郎主宰の戯曲研究会に入会し師事を受ける。同年に一幕物の戯曲『礼服』を雑誌「劇作」に発表。1952年に書いた『婚期』などで注目を受ける。

やがて、そのテーマは社会的な広がりをみせ、1954年に、売春など底辺に生きる女性を描いた群像劇『もの云わぬ女たち』を執筆。1960年発表の『村岡伊平治伝』を経て、1964年『常陸坊海尊』、1969年『かさぶた式部考』を発表。土俗説話から壮大で独自の民衆劇の形を確立。一躍、現代演劇を代表する作家の一人として認められる。

以降、1974年『きぬという道連れ』、1975年『七人みさき』などを発表。独自の民衆劇は一作ごとに重厚味を増し、蜷川幸雄演出作として初めて書き下ろした『近松心中物語』で商業演劇の大劇場に進出。ここで誕生した「コンビ」は、その後、1980年『元禄港歌』、1982年『南北恋物語』を発表。蜷川×秋元コンビの「江戸三部作」として人気を博した。2001年4月、肺がんのために死去。享年90歳。

演出:いのうえひでのり

いのうえひでのり
1960年、福岡県生まれ。大阪芸術大学在学中の1980年、「劇団☆新感線」を旗揚げ。以来、新感線のほぼ全作品の演出を手掛け、ロック・コンサートと見紛うような照明と大音響効果を用いた構成で、小劇場の枠を超えた新しいエンターテインメントの形として“新感線”というジャンルを確立。また、笑いの要素満載のいわゆる“ネタもの”、高いドラマ性と外連味あふれるアクションを効かせた活劇“いのうえ歌舞伎”などで多くのファンを魅了。演劇界きっての観客動員数を誇る。

劇団の本公演以外では、2007年『TOMMY』、2008-2009年『リチャード三世』、2009年『怪談 牡丹燈籠』、2011年『斷食』、2011-2012年『ロッキー・ホラー・ショー』、2012年『サイケデリック・ペイン』、2013年『今ひとたびの修羅』等プロデュース公演の演出を多数手がけている。

2004年度第14回日本演劇協会賞(『髑髏城の七人』『SHIROH』の演出に対して)、2006年度第9回千田是也賞、2006年度第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『メタルマクベス』の演出に対して)、2015年第50回紀伊國屋演劇賞個人賞(『熱海殺人事件』の演出に対して)を受賞している。

最近の最大の話題は、2017年3月にオープンした360°回転する客席をもつ新劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演の演出だしかも普通の取り組みではなく、1年3ヶ月に渡るロングラン公演に異例のスタイルで取り組んでいることだろう。ここでは、自身の劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』を“花・鳥・風・月”4シーズンに分け、シーズンごとに異なるキャスト、脚本・演出も練り直し、全く違ったテイストの『髑髏城の七人』を観ることができる、まさに話題の"イベント”としても注目を集めている。

一方、シス・カンパニー公演での過去2作品では、現代の古典とも言うべき名作戯曲「怪談 牡丹燈籠」と「今ひとたびの修羅」に真正面から向き合う姿勢が新鮮な驚きを生み出した。さて、今回の新たな取り組みは??
美 術
松井るみ
照 明
原田 保
音 楽
岩代太郎
振 付
尾上菊之丞
音 響
山本能久
衣 装
宮本宣子
ヘアメイク
河村陽子
舞台監督
芳谷 研
プロデューサー
北村明子
企画・製作
シス・カンパニ―

ページトップボタン